中小病院のために導入コストを抑え
必要な機能を厳選した電子カルテです。

中小病院は、人的資源不足、取引ボリュームの小ささ等々の理由により、各種 取引交渉において、圧倒的に不利な状況となっているケースが多く見受けられ ます。地域医療構想等の医療制度再編の中で、中小病院は今後、より厳しい経 営環境となっていくことが予想されます。
弊社は、そうした中小病院の支援を行っており、「病院サイドからの視点で、必要なサービスを絞り、適正価格で」提供していくことを基本コンセプトとしております。

無駄を省き、実務上必要な機能に絞りつつ、UIを重視

電子カルテは、コモディティ化が進み、機能や品質面での差異は縮小しており ます。
弊社は、これまでの中小病院支援の実績から、特に現場の使いやすさを 重視し、UI(ユーザーインターフェース)の優れた電子カルテを厳選しております。

オーダー
  • 処方
  • 注射
  • 放射線
  • 処置
  • 指導
  • 病理
  • 細菌
  • 検体検査
  • 生理検査
  • 内視鏡検査
  • 手術
  • 麻酔
サブシステム
  • 診察券発行
  • セキュアシステム
病棟機能
  • 入退院
  • 部屋移動
カルテ機能
  • SOAP記載
  • カレンダー表示
  • 入力支援
  • 定期処方
  • シェーマ
  • 外来管理機能
  • テンプレート
  • 病棟管理機能
  • 病名
  • 薬歴
  • 文書管理
  • クリニカルパス
  • オーダーカレンダー
  • 薬剤チェック
看護支援システム
  • 勤務管理
  • 看護計画
  • 空床管理
  • 看護記録
  • 温度板
  • 看護日誌
調剤部門システム
  • 処方連携
  • 注射連携

一般科専用「医次元カルテ」の機能

機能1 患者様一人ひとりの診療録やステータスを
一画面で素早く把握

患者様の診療録やステータスを一画面に表示し、短時間で状態を把握することができます。
全てのスタッフが同じ画面を閲覧し、同時に更新することで情報共有を素早く行うことが できます。
だれでも直観的な操作ができるようにユーザーインターフェースにはこだわっており、画像の扱いも簡単で様々な情報の呼び出しを素早く把握できます。

だれでも直観的な操作ができ様々な情報を一画面で素早く把握できるユーザーインターフェース

ポイント

電子カルテ導入で、チーム医療連携がスムーズに

診察記事や各種オーダ記事から、看護記録、PSW記録まで、患者様に関わる全ての記録を統合表示しています。部門記録は作成・登録時に主治医への報告もでき、その報告内容を元としたカルテ記事作成も行うことができます。業務効率化が図れるだけでなく、伝達漏れや伝達ミスの防止にも繋がります。

機能2 紹介状や診断書等の
膨大な医療文書作成の負担を軽減!

カルテ内の患者情報を抽出した文書の自動作成や、作成済み文書の参照や文書のステータス管理が可能です。
印刷イメージで登録可能になっています。

紹介状や診断書等の文書の自動作成

機能3 病院様独自のテンプレート作成により
カルテ入力の負担を軽減!

自由にカスタマイズできるテンプレートを利用してカルテ記事作成の効率化が図れます。
項目に沿って入力・選択するのみで記事作成が行えるため、記載漏れを防げます。
標準搭載されているテンプレートは診療科や担当者ごとに診察体系に合わせた条件設定やカルテテンプレートを設定できます。

  • セット画面
  • 付箋一覧画面
  • カルテテンプレート画面
  • 依頼紙イメージ画面

機能4 オーダーカレンダー機能

期間内のオーダーを視覚的に表示してあり、中断や訂正も簡単に行うことができます。また行為を絞り込みして表示することもできます。
病棟や病室毎に担当患者をリスト表示し、カルテ入力や看護師の実施入力等の各種データ入力、参照、検索等を一括で行うことができます。
患者カルテを一つずつ開い て入力する必要はございません。

オーダーカレンダー機能

機能5 豊富な部門システムと拡張性

地域性や病院規模により、電子カルテに求められるニーズはそれぞれ異なります。
基本機能とは別に看護支援システム、リハビリ支援システム、調剤システム、栄養管理システム、勤務 予定表管理システム、臨床検査システムに至るまで、病院運営に必要な構成となるよう、きめ細やかにご対応させていただきます。
また、既存の部門システムを活かした部門連携システムの構築も行います。

豊富な部門システムと拡張性

機能6 院内メールや掲示板による
コミュニケーション

オーダリングにログインした際にメール情報を表示するようになっております。これにより新着メールがある場合は自動的に表示されます。オーダリングと一体化した情報共有ツールとして有効活用できます。口頭指示によるインシデント抑制にもつながります。

  • 院内メールや掲示板によるコミュニケーション
  • 院内メールや掲示板によるコミュニケーション

医次元MEDIAの新着記事VIEW MORE

なぜ、小規模病院で電子カルテ導入が進まないのか

2019/8/14

[ 目 次 ]はじめにコスト及び費用対効果の問題スタッフのITリテラシーの問題医師の配置の問題医療IT専任担当者の配置の問題小規模病院で電子カルテ導入を進めるた...

電子カルテと在宅医療システム

2019/7/22

[ 目 次 ]はじめに在宅医療における電子カルテの利用多職種間の情報共有が最重要多職種間連携システムの普及・浸透の難しさ はじめに  高齢化率の上昇並びに核家族...

電子カルテのクラークの活用

2019/7/16

[ 目 次 ]はじめに医師事務作業補助体制加算の届出状況医療クラーク活用のポイントクラークの育成 はじめに  現在、わが国では超高齢社会に伴い、労働人口の減少が...

お問い合わせ
(資料ダウンロード)

サービスに関するお問い合わせや、資料のダウンロードなどは
こちらのフォームよりお問い合わせください。
プライバシーポリシーに同意の上、送信ボタンをクリックしてください。

資料サンプル
お問い合わせ内容
住所
※「カタログ送付」の方は必須
メールアドレス
※「資料DL」の方は必須
電話番号
※「見積」「デモ」の方は必須
ご担当者名
同意